はじめまして、ひなたです。

ひなたは迷子になっていました。多分バセンジーと思われます。
何日もさまよっていたようで、保護されたときは、疥癬で皮膚はぼろぼろ、栄養失調で目が真っ白になっていました。愛犬家のMさんのご主人に保護されてその後紆余曲折があって、私の家にやってきました。
下の写真は、我が家に来る前のひなたの写真です。インターネットで話題になったこともあるので、もしかしたらご覧になった方もいるのでは?とてもすさんださびしそうな表情をしています。
f0205926_1215280.jpg

初めてひなたが家に来たときは衝撃でした。
ぜんぜんかわいくないっ!
がりがりにやせて、すさんだ目をして、・・・表情がなく、犬らしいはつらつさが
まったくありませんでした。トイレのしつけが入っていないため、お漏らしの繰り返し。
水ばかり異常に飲みたがるのは、バセンジによくあるファンコニ症候群?それとも、
水を求めてさまよっていた記憶のためか。

おまけに先住犬のモモ(バセンジ、オス、8歳)とラン(トイプードル、オス、7歳)
がひなたを受け入れようとしませんでした。激しくひなたに吠え掛かるモモとラン。
モモにいたっては、ショックを起こして、倒れてしまいました。

それでもひなたと暮らす日々がスタートしました。
下の写真は、それから1年後のひなたです。水ばかり飲むので(吐くまで・・・!)
やむを得ず係留しています。ずいぶんかわいくなったでしょう?でも無表情な感じ
がしますね。隣のモモが屈託のない表情なので、違いがよくわかります。
情緒的な発達が遅れていると感じました。きっと、つらいことがたくさんありすぎて
感受性を閉じてしまわなければ生きていけなかったではないでしょうか。
f0205926_1224493.jpg

我が家にひなたを迎えて、家族みんなでたくさんの時間をひなたとすごしました。
私は自分の寝室ではなく、リビングに布団を敷いて、わんこたちと眠りました。
犬のお母さんになったように感じました。ひなたは私のお腹のところで丸くなって
眠るのが大好きです。モモは私の足のところ、ランは頭のところで眠ります。
そうしているうちに、ひなたに少しずつ表情がでてきて、徐々に発達の遅れを
取り戻しているのがわかりました。

下の写真は、もうつながれていないひなたです。だいぶ普通のわんこらしくなっている
でしょう?こうなるまでに3年ほどかかりました。排尿の間隔がとても短いので、家に
ひなたのトイレを設置しそこでおしっこができるように躾けましたが、これがよかったよう
です。排泄がコントロールできることがいかに重要かがよくわかりました。
f0205926_224589.jpg

その名前のとおりに、ひなたは陽だまりが大好きです。

いつも思います。ひなたはピュアの塊(かたまり)です。
この子の疲れた魂を癒してあげたいと思った私達ですが、今では逆に
ひなたに癒されて、毎日を過ごしています。ひなたに出会えてほんとうによかった。
f0205926_23203867.jpg

[PR]
by caoluco | 2009-04-10 01:26